医療保険の選び方を知ろう。

医療保険は病気や怪我のときに頼れる保険です

医療保険の選び方には、正解がありません。

医療保険は、病気や怪我で入院や手術をしたときに保険金が支払われる保険です。「入院日額5千円、手術のときには10万円が支給されます!」という感じでよくCMや広告が出ています。

医療保険の選び方には、これはいけないという点は多いのですが、これがオススメというのは言いにくいものがあります。死亡保険同様に、個人の価値観やライフスタイルによって、医療保険の必要性が大きく変わるからです。

  • 入院1日につき支給される金額は5千円から1万円が一般的ですが、もっと高額なものからもっと安いものまであります。
  • 1入院の支払い上限も60日・120日が一般的ですが、720日や1000日と長期間を保障するものがあります。
  • 手術給付金の金額も、保険商品によって様々です。

医療保険を選ぶということは、これらの中から自分に必要な保障を選ぶ作業です。

入院日額1万円でも足りないと感じる人もいるでしょうし、入院費用くらい貯蓄から出すという人もいるでしょう。個人の考え方によるので、正解はありません。

しかし、選ぶ上で必ず知っておいてほしいことがいくつかあります。知らないと失敗につながりかねないことです。これから順番に書いていますので、じっくり読んで、医療保険を決める上で必要になる知識を身につけて下さい。

また、当サイト管理人の医療保険に対する考えも最後に記します。

まずは、医療保険で失敗しないための知識をつけることから始めましょう。


カテゴリー内メニュー