教育費は子供に最低限遺してあげたい費用です。

4.教育費はオール公立でも1人当たり約1000万円!

子供がいれば、教育費がかかります。

幼稚園や小学校、中学校、高校、大学で公立に行くのか私立に行くのか、また大学は自宅から通うのか下宿するのか、といった選択で教育費の総額はかなり変わります。

幼稚園から大学まで全て公立で、大学も自宅から通う場合でも、教育費は総額で約1000万円です。大学を私立にすれば総額約1200万円が教育費として必要です。

また、下宿する場合は、+330万円程度見ておきましょう。不足しそうな場合に、奨学金を利用することを考えれば、これくらいの金額で大丈夫です。

とはいえ、あなたの子供が将来どうなるかは分かりませんよね。

なので、とりあえず幼稚園からの教育費として1000万円を残すと考えましょう。私立に進む場合は奨学金を使うなど、遺族に少し頑張ってもらう計画です。

その上で、小学生に上がったら残り900万円、中学生になったら残り800万、高校生になったら残り600万、大学生入学前に400万円程度あれば安心です。

教育費に対する保障は子供が産まれた時点が最も高くなり、成長するに従って必要保障額は減ります。

教育費

また、公立の中高ならまとめて大きな金額がかかることも少ないので、一番お金のかかる大学入学時に、200万から300万円を遺せるような貯蓄性のある生命保険に入るというのも一つの選択肢です。

二人目、三人目の子供がいる場合は、同様の保障を追加していく必要があります。



カテゴリー内メニュー